介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは

 

介護職員初任者研修とは、従来のホームヘルパー2級に代わって出来た資格になります。2013年4月から今まであったホームヘルパー2級の資格がなくなって、新しい制度になったのです。介護職員初任者研修の資格を取得すると介護の専門的な知識や技術が身について、実際の介護の現場で活躍することができます。介護の仕事をするために取得する人もいれば、自宅で家族の介護をするために勉強して取る人も多いです。

介護職員初任者研修

 

総合すると130時間の内容となっているので、さまざまな資格の中では比較的短い期間でも勉強して取得できるのではないでしょうか。従来のホームヘルパー2級と比較すると、難易度は多少高くなったとは言えますが、取りにくいということではないです。今までと違うのは筆記試験があり合格しないと資格が取れない点だと思います。その分だけ難しくなっているのだと思います。介護職員初任者研修の資格があれば、就職の時には大変有利ですし見つけやすいと思います。スクールや通信講座で学びながら進めていくこともできます。効率が良く結果的に短期間で取得できるところが良いと思います。

 

介護職員初任者研修の資格取得

介護職員初任者研修とヘルパー2級の違い

介護職員初任者研修という資格は、あまり聞きなれない人が多いと思います。では介護職員初任者研修とはどんな資格なのでしょうか?
2012年をもって、従来の資格だった、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、介護職員基礎研修の資格がが廃止になったのです。そこで変わりの資格が登場しました。2013年度からは、その資格が、「介護職員初任者研修」という名前で生まれ変わったという訳です。
でも、名前の見直しがあったというだけで、介護職員初任者研修の資格は、以前の名前のものと内容的には変わりません。カリキュラムは
少し変更になりました。

介護職員初任者研修

仕事の内容も、はホームヘルパーと同等になります。

ですから、介護職員初任者研修とは、以前のホームヘルパーの仕事と認識してもらえば大丈夫でしょう。これから、介護職員初任者研修の資格を取る人は増えていくばかりだと思います。
介護は、働く人がいて初めて成り立つ仕事です。介護される人が増えるのなら、介護出来る人も増えないとおかしいですから・・。ですから、高齢化社会に伴い、介護職員初任者研修は多くの人が持っている時代になるでしょう。
いつ介護をする日がくるか分かりません。時間に余裕があるなら、介護職員初任者研修をとっておいて損はないでしょう。

ホームヘルパー(介護職員初任者研修)の実際

介護が日常化し、高齢化社会になって久しい現代社会において、ヘルパーの資格は取得しておいて損はない資格です。ヘルパーの資格の中でもポピュラーである「ホームヘルパー2級」は、これまでは座学に加え、30時間の実習を経験し、合格しなければ資格を取得することはできませんでした。そんな資格取得のハードルを下げようということで、平成24年度からは「介護職員初任者研修」という名前に取って代わりました。最も大きな違いは、実習がなくなったということです。これにより、資格取得のハードルは下がり、座学のみで資格を習得できるようになりました。資格取得には短期コースがおすすめです。約2週間の座学で取得できますので、1ヶ月もかからずに資格を取ることができます。

 

もちろん、介護施設で働くにはそれなりの経験を積まなければなりませんし、知識と現場は違うものです。しかし、家庭での介護を目的とするならば、座学のみの資格でも取得しておくことで、学習度が飛躍的に違ってきます。例えば、介護を行うに当たり、介護の歴史から学びます。介護をするということは介護をされる側のこともよく学んでおかなくてはいけません。マズローの欲求5段階説なども学びますし、介護には慈愛の心がいかに大切かということも学びます。

 

団塊の世代が退職し、これからますます本格的な介護の時代がやって来ます。その時に向けて、家族の中でも介護資格取得者がいるのといないのとでは全然違いますので、ぜひとも取得しておきましょう。
ヘルパー2級

ヘルパーの仕事内容って何?

ヘルパーの仕事は大きく分けて3つあります。

「身体介護」
「生活援助」
「相談・助言」

 

 

の3つです。
まず「身体介護」とは日常生活が困難な方の補助をする仕事でこれもいくつかに分けられます。一つ目がトイレ誘導・排泄の介助・下半身の洗浄や清拭・おむつの交換やトイレ掃除というトイレ関係。二つ目が流動食が必要な方の調理、食事の介助、片付けという食事関係。三つめが下着や洋服、パジャマなどの着替えの手伝い。4つ目が入浴の手伝い。5つ目が洗顔・歯磨き・爪きり・散髪などの身だしなみ。そのほか投薬の管理や投与、外出時の付き添いなども仕事の一つです。
「生活援助」とは住居の清掃や食事の用意、洗濯や買い物の代行、ゴミ出しなどの生活全般に及びます。
「相談・助言」は文字通り要介護者の心のケアで、医師の判断を必要としない部分での話を聞いてあげること、相談に乗ってあげることも仕事の内容に含まれます。
仕事の種類は沢山ありますが、全て契約によって成り立っていますので契約内容に準じて仕事をします。上記の3つの中のどの介護について契約しているのかによって仕事の内容は変わってきますが、すべてに対応できる技術を持つ必要があるのがヘルパーの仕事と言えます。